ブログ 最新記事

中1英語 多読のすゝめ

Posted on

ふと気づくと、4月に入学した生徒も定期考査を迎えようとしています。授業が始まったばかりの頃は、アルファベットの書き方や、appleやboat等の発音の仕方を学んでいたのですが、今では英語で自己紹介をする練習を授業で行うようにまでなってきました。

 今回は、そんな中学1年生の、授業で行っている多読についてご紹介します。

 本からたくさんの表現を知り、表現のストックを増やすことを目的として、現在中1の英語Bの授業(浅野では英語の授業は英語Aと英語Bの2つに分かれています)で、多読の指導を行っています。

 図書館で保管している多読用図書を授業の際に教室に運び、帯活動の一環として、多読を行っています。教室には下の写真のようにラックに本を乗せて運んでいます。

多読 ラック.jpg

授業前に本を一冊取り、授業中に本を読むという形式を取っていますが、ラックが届く前から教室の入り口付近で待っている生徒もおり、ラックが到着するやいなや本を取りに来る生徒が殺到しています。

多読 授業前の風景.jpg

授業の最初のたった3分だけではありますが、みんな静かに本を読み、「どのような表現が使われているのか」、「その表現がどのような意味なのか」、そして「手に取った本の物語はどういったものなのか」を考えながら、一人一人が黙々と読んでいます。

多読 授業での様子.jpg

 通常授業で扱っている、日本で作成された教材とは異なり、多読用の教材は文法や語彙が体系立っているわけではありません。そこが多読の難しいところでもあり、そして面白いところでもあります。多読を通して、英語らしい英語表現を知ることができるのは、生徒にとっても大いに糧となるでしょう。

現在、Oxford Reading Tree(Stage 1からStage 9まであり、数字が大きくなると難しくなっていきます)という多読用の教材を使用しており、多読の活動が始まり早2週間が経ちました。最初はStage 1を読んでいた生徒も、今ではStage 3を読んでいることも珍しくありません。

 多読を続けることで、「英語らしい表現を知ることができる」、「英文を読むことに対する抵抗が減る」、「知らない英語の表現を推測しながら読めるようになる」といった利点がたくさんあります。一回の授業で3分間しかない多読の時間で、本を2冊3冊と読む生徒の姿も見られるので、英文を読むハードルは少し下がっているようにも思えます。

 今はまだ、多読用の教材を読むことが中心になっており、まだまだ勉強といった色合いが強いですが、英文を読むことに慣れてくると、少しずつ"Daily of a Wimpy Kid"のような、アメリカの子供も大人にも愛される本も読めるようになっていき、英語ででも本を読む楽しさを経験してもらえることでしょう。

中学1年生の今後の英語学習の足掛かりになってくれればと思っています。

[文責:中学1年生 英語B担当者]

投稿日時: 2018年5月19日 00:53 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

模擬国連国際会議 日本代表

Posted on

本校の生徒2名がニューヨークで開催中の模擬国連国際会議に日本代表として参加しています。両名の活躍に大いに期待したいと思います。 詳細は随時フェイスブックにてご紹介いたします。NY!.JPG

投稿日時: 2018年5月14日 06:31 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

平成30年度PTA総会開催

Posted on

securedownload[1].jpg

平成30年5月12日(土)、平成30年度の浅野学園PTA総会並びにスポーツ・文化後援会総会が講堂にて開催されました。 多数のPTA会員にご出席いただき、平成29年度事業・収支決算報告と平成30年度事業計画・収支予算が承認され、新しい執行部役員と各部正副部長が選任されました。

特別活動「Asano Father's Club」や、サークル活動「浅野手作りの会」、「Asanoカンタービレ」も順調に活動しており、今後も皆さまにご参加いただける充実したPTA活動を目指して参ります。会員の皆さまの一層のご理解とご協力をお願いいたします。(文責:PTA役員)

投稿日時: 2018年5月13日 20:04 | カテゴリ: PTA |

NYでの模擬国連国際会議に参加(第2日目)

Posted on

NYで開催されている模擬国連国際会議の2日目の最終日です。

ディベート部の高校生、水口幸生君(高3)と高田陽一郎君(高2)の二人は、ウルグアイ大使を担当しています。

IMG_3850.JPGこの日はいよいよ決議案の作成となります。

まずは、決議案の内容に合意できる国が集まってグループが形成されます。

その際には、自国の国益を大きく損ねることなく、他の大使と協調しながら、よりよき解決策をめざして討議や交渉をしていかなくてはなりません。

しかし、他の大使はほとんどが英語がネイティブとして話せる高校生。交渉での会話のスピードは速く、二人とも議論するのにかなり苦労したようです。

IMG_3855.JPG

それでも、最後まであきらめず、グループ・リーダーと話し合って、自国のスタンスに即した文言を、決議案に盛り込ませたことができたのは立派でした。

IMG_3856.JPG会議終了後の閉会式は、国連本部の総会議場で行われます。

ホールに入ると、2日間の疲れも吹っ飛び、ここに来られた感動が押し寄せてきます。

IMG_3862.JPG

閉会式後には、何と国連日本代表部大使の星野俊也様が来られ、本校を含む高校生日本代表団にねぎらいの言葉をかけていただきました。ありがとうございました。
IMG_3879.JPG
今回のNY訪問は、普通では体験できないことばかりでした。
世界中の紛争地や国際会議などの現場で活躍する日本人にお会いしたり、国連機関で働く多国籍の人々からお話をうかがえたり、高校生にとっては夢のような7日間だったと思います。
この経験が、彼らの今後の進路や人生に、きっと大きな糧となっていくことでしょう。
文責 ディベート部顧問

投稿日時: 2018年5月13日 16:45 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

NYでの模擬国連国際会議に参加(第1日目)

Posted on

NYで開催されている模擬国連の国際会議が始まりました(5月12日)。

IMG_3849.JPG

ディベート部の高校生2名(水口幸生君・高田陽一郎君)は、朝から緊張しつつも、自分たちが担当するウルグアイ大使として、今回の会議でよりよい解決策を提案しようと意気込んでいました。

その意気込みは、前日のNHKの取材のときにも語っています。

IMG_3783.JPG

ところで今回の議題は、" Political Prisoners and Prisoners of Conscience - About the Freedom of Expression " (政治犯と「良心の囚人」―表現の自由について)という難度の高いものでした。

(議場は、国連総会第3委員会 SOCHUMが割り当てられました)

ウルグアイ大使として、この議題でどのような決議案をまとめられるか、渡米前からウルグアイ大使館を訪問するなど、リサーチを入念に行ってきました。

しかし、会議が始まると、こちらの目論んでいたとおりの議論にはなかなかならず、約50ヵ国が集った議場で、討議をリードすることはできません。

IMG_3855.JPG

それでも他の大使が、日常会話のスピードで英語を話す中に果敢に加わり、自国の立場と議題に対してのこだわりの姿勢をアピールできたことは立派でした。

明日2日目の会議で、自分たちの案をどれだけ決議案に反映させられるか、会議戦略の練り直しが今晩の課題となりました。

文責: ディベート部顧問

投稿日時: 2018年5月13日 07:46 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

模擬国連の国際会議に、日本代表としてディベート部が参加

Posted on

今週末(5月12日と13日)に、米国のニューヨークで開催される模擬国連の国際会議に、本校ディベート部の2名の高校生が、日本代表として参加します。

水口幸生君(高3)と高田陽一郎君(高2)の二人は、昨年11月の全日本高校模擬国連大会において優秀賞を受賞したために、今回の国際会議への派遣団の一員に選ばれました。

IMG_3760.JPGIMG_3765.JPG

会議までの数日間は、国連関係の機関や、国連日本代表部などを表敬訪問します。

なかでも、国連本部ビルで、国連事務次長の中満泉様にお会いして、レクチャーや励ましの言葉をいただいたことは、模擬国連に関わった高校生にとって、かけがのない貴重な体験となりました。

軍縮を担当されている中満様からは、現在のシリア情勢に加え、イランの核開発問題や米朝首脳会談にむけての動きなど、世界情勢とからめた国連の軍縮に対する取り組みを説明していただき、質疑応答にも時間を割いて丁寧に回答していただきました。

IMG_3804.JPG

高校生からの質問では、現実における困難な課題と国連の掲げる理想とのギャップを、やや悲観的にとらえたものが多かったのですが、中満様の回答はいずれも、それらをすべてポジティブにとらえ直すものでした(相手との信頼関係を築くことや、相手との対話を重視することなど)。困難な課題に向き合ったとしても、けっしてあきらめない姿勢を強調された中満様の熱意と行動力に、高校生たちも大きな感動と勇気を与えられました。

なお、このとき訪問したときの中満様の話の一部が、NHKの11日朝のニュースでも取りあげられました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180511/k10011434611000.html?utm_int=word_contents_list-items_004&word_result=北朝鮮情勢

また、今回の日本代表派遣事業については、NHKのBS放送にて放映される予定です。

5月15日(火)午後10:00からの番組「国際報道2018」の中で、

5月16日(水)午前7:00からの番組「キャッチ!世界のトップニュース」の中で。

このほか、国連日本代表部では大使の星野俊也様から、国連と日本の関係についてのお話や国際会議でのアドバイスをいただきました。

高校生の訪問に対して、わざわざ大使が時間を割いて対応していただいたことには理由があります。この高校模擬国連の米国派遣事業と、全日本大会の開催をはじめに主導してくださったのが、星野様だったのです。

IMG_3775.JPG

このほか、UN women(国連女性機関)、Unicef(国連児童基金)、JETRO(日本貿易振興機構)のNY事務所などを訪問しました。

IMG_3759.JPG

3日間の表敬訪問を終え、いよいよ明日から会議が始まります。

文責: ディベート部顧問

投稿日時: 2018年5月11日 13:51 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

中学1年 校外研修

Posted on

5月8日(火)マザー牧場にて、中学1年生は校外研修を実施しました。

6?7名の班に分かれて、協力しながら飯盒炊爨とカレー作りをおこないました。

お米の計量と水の調整、火起こしとコントロール、野菜のカットとカレー調理...幾多の関門を超え、(おそらく)おいしいカレーへと到達しました。

GW中の事前学習が功を奏して?意外にも手際よく調理する班が散見されました。かなり苦労した班にとっても、貴重な学びの機会になったようです。

また、この研修を通じてクラスや友人との親睦がより深まったようです。

片付けの際には、鍋や調理器具をピカピカに磨き上げ、係の方々に返却しました。

細かな冷たい雨が降るなか、生徒たちは食後のデザートとしてマザー牧場のソフトクリームを堪能していました。

(文責:中学1年学年会)

DSCN0877.JPGDSCN0893.JPGDSCN0932.JPG

投稿日時: 2018年5月 8日 17:55 | カテゴリ: 学校からのお知らせ |

平成30年度 第60回関東高等学校ボクシング大会県予選会結果報告

Posted on

IMG_2009.JPGIMG_2010.JPG

4月8日(日)15日(日)22日(日)の3日間にわたって、関東高等学校ボクシング大会県予選会が行われ、本校ボクシング部から6名の選手が出場しました。

試合結果と寸評

4/8(日)

バンタム級 1回戦

橿渕遼太(高三) VS 和田暉元選手(横浜総合) 2対1のポイント負け

橿渕はリーチの長い相手に対して、序盤から積極的に仕掛け、ヒットを奪う。その後お互いのパンチが当たる距離での攻防でも腰を引くことなく、前に出て攻めの形を作った。今まで打ち合いで横を向いたり、腰が引けたりしていたが、ようやく克服できた。1ラウンド目は互角の攻防。少し橿渕の方がヒットが多いようにも見えたが、相手の方が見栄えでは勝ったか。2ラウンド目は少し後手に回り、鼻から出血もし、ヒットももらってしまった。しかし、3ラウンド目はまた自分から積極的に仕掛けやや勝ったかと思うラウンドだった。結果は2対1のポイント負けだったが、大きな収穫のあった試合だったと思う。積極的に仕掛けて前へ出ることが試合でできるようになった。インターハイ予選では雪辱を果たしてほしい。

バンタム級 1回戦

吉見武久(高三) VS 釜谷晃一郎選手(武相) 3対0のポイント勝ち

序盤は前の手の攻防となり、なかなか吉見の左が出なかったが、次第に相手に合わせて左ストレートが出るようになり、ヒットを奪った。これに対して、釜谷選手はストレートの距離での打ち合いをいやがり、中途半端な距離では体を寄せてくっついてくるような動きになった。お互いにくっついて有効なパンチが繰り出せない展開になったが、随所で吉見は距離ができた時にパンチを出して有効打を奪った。結果は3対0のポイント勝ち。今まで力が入りすぎるのが課題だったが、しっかり相手を見て力を抜いてスピードのあるパンチが出せた。この調子で勝ちを重ねてほしい。

4/15(日)

ピン級 準決勝

栗原颯太(高一) VS 田中優輝選手(保土ヶ谷) RSC負け 1R1分1秒

栗原は高校デビュー戦。相手は試合巧者のアウトボクサー。1ラウンド目の最初から栗原は積極的に前に出て仕掛けたが、中間距離の打ち合いでなかなか自分のパンチが当たらず相手のパンチをもらい、棒立ちになる場面もあった。緊張からか、栗原のいいところが出せないまま、RSC負けを喫した。実戦に慣れてくれば、練習の時のいい動きが次第に出せるようになってくるはず。また、中間距離で不用意に相手のパンチをもらうところは修正していきたい。前を向いてがんばろう。

フライ級A 準決勝

米山太葵(高三) VS 李ほんぜ選手(慶應義塾) 3対0のポイント勝ち

しつこくパンチを出してくるファイタータイプの相手に、終始自分のペースを保って、優位に試合を進めた。よくパンチを見極めてカウンターも出ていたし、また今日はタイミングのよいボディへのパンチも随所で見られた。ただ、練習での機敏な動きに比べるといささか動きも鈍かったし、また手数はもっと欲しかった。これから試合が続くが、徐々にこの辺りを修正して、高いレベルでも戦えるように調子を上げていきたい。

バンタム級 準決勝

吉見武久(高二) VS 島本城大朗選手(武相) 2対1のポイント勝ち

サウスポーのファイタータイプの選手。いかに吉見が自分の距離で戦えるかがポイントになる試合。1ラウンド目は相手が出てくるところにきちんと合わせて、自分の距離で試合を進められた。また、自分から仕掛けて効果的なヒットも奪った。2ラウンド目、吉見のペースが落ち始める。近づかれ、近い距離で相手にパンチを出されてやや劣勢の展開か。3ラウンド目、体力的には厳しい中でよく手を出してがんばり、盛り返した。終盤は相手もばて始め、相手の得意な接近戦で効果的にボディへのパンチを出してポイントを奪った。けがなどでスタミナにやや不安があるが、打ち合いを怖がって腰を引くような悪癖は克服した。スタミナをつけてさらに飛躍してほしい。

ライト級A 準決勝

松村和弥(高三) VS 花島寿貴選手(慶應義塾) ノーコンテスト

残念ながら欠場で敗退した。相手選手も欠場でノーコンテストとなった。

次に向けてがんばっていこう。

4/22(日)

フライ級A 決勝

米山太葵(高三) VS 新井悠仁選手(保土ヶ谷) 3対0のポイント勝ち

序盤から相手のパンチをよく見極め、的確にパンチを放って有効打を奪い、終始優勢に試合を進めた。ただ、普段の練習時よりもフットワークが緩慢で、相手のパンチをバックステップやサイドステップでかわした後に、カウンターのパンチを出せる態勢になっていなかった。そこでさらに畳みかけたかった。また、パンチを上に集めすぎで、もっとボディにパンチを散らせばクリーンヒットが奪いやすかったと思える。もっと手数でもクリーンヒットでも圧倒した試合運びができたのではないかと思う。練習の動きと試合の動きを少しでも近づけるように取り組んでいこう。

バンタム級 決勝

吉見武久(高三) VS 和田暉元選手(横浜総合) WO勝ち

相手選手欠場で、WO勝ちとなった。

ウェルター級 決勝

竹ノ内尊行(高二) VS 与儀恵斗選手(横浜総合) RSC勝ち 2R40秒

出だしはフットワークとジャブで相手を翻弄し、最近練習している足を使った出入りをするボクシングができるかと思われた。が、序盤を過ぎ、次第に足がとまって、打ち合う場面が目立った。打ち合いでもうまくボディやアッパーなどを織り交ぜ、優勢だったが、いらないパンチももらってしまった。RSC勝ちは収めたが、もっと自分のボクシングがしたかった。久々の実戦ゆえか、いつもよりも反応が鈍く、キレも悪かった。もっとフットワークを使って自分の距離でボクシングをしたいところ。練習と実戦を近づけていこう。

大会結果

関東大会出場権獲得

米山太葵  フライ級A 優勝

吉見武久  バンタム級 優勝

竹ノ内尊行 ウェルター級 優勝

以上3名が6月に茨城県で行われる関東大会の出場権を獲得しました。

学校対抗の部

準優勝(23ポイント)

3名が関東大会への出場権を獲得しました。

これから、横浜市民大会を経て、関東大会、そしてインターハイ予選と試合が続きます。

県内はもとより、県外大会でも強さを発揮できるように、部員一同一丸となって精進して参りたいと思います。

皆さま今後とも応援よろしくお願いいたします。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。

(文責 顧問)

投稿日時: 2018年4月26日 15:17 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

吹奏楽部 第50回定期演奏会のお知らせ

Posted on

吹奏楽部より定期演奏会開催のご案内です。

次の日曜日(4月29日)に、鎌倉芸術館で、節目となる第50回の定期演奏会を開催します。

2018年4月29日(日)

開場15:30 開演16:00

鎌倉芸術館 大ホール  JR大船駅より徒歩10分

入場無料のため、だれでも気軽に聴きに来てください。今年も一年間の活動の成果を、部員一同、この演奏会で披露します。

演目 A Weekend in New York /P.スパーク

   組曲「惑星」より 木星 /G.ホルスト

   STAR WARS - CONCERT SELECTION /J.ウィリアムズ ほか

2018定演ポスター.jpg

投稿日時: 2018年4月22日 22:41 | カテゴリ: 生徒会・部活動 |

オックスフォード2018 始動

Posted on

3年目となるオックスフォード研修(8月/12泊14日)へ向けた事前研修が始まりました。

今回は,現地でお世話になる学校からJohn Hudson校長にご来校いただき,オックスフォードという街の魅力と代表的な建築様式などについてレクチャーしていただきました。初めて訪れる地について事前にある程度のイメージを持つことにより,「なぜオックスフォードに行くのか」・「何を学ぶのか」という土台を考えやすくなります。

生徒たちはオックスフォードでの14日間を有意義なものにすべく,7月まで数回ある事前研修や事前課題レポートに取り組んでいきます。

この日は第1回目の事前研修ということもあり,なかなか発言する勇気の出ない生徒が散見されました。昨年の参加生徒と比較して不安でしたが,研修終了後にJohn氏のもとへ駆け寄り,個別に質問をしている様子を見て少し安心しました。

現地ではもっと活発な議論を行い,グループごとにプレゼンテーションも行います。

九転十起の校訓に倣い,失敗を恐れずに果敢にチャレンジしていけるように指導をしつつ,見守っていきたいと思います。

※事前研修に先立ち,John校長と本校の前田学校長が交流を行いました。

IMG_2153.jpg  IMG_2156.jpg


(グローバル化推進委員会 工藤)

投稿日時: 2018年4月19日 15:15 | カテゴリ: NEWS,学校からのお知らせ |